季節の変わり目に起こる肌荒れの対処を考える

季節の変わり目に起こる肌荒れの対処を考える

季節の変わり目に起こる肌荒れの対処法を考えるときに、
まず原因を把握して、対処を考えるのが順序かなと思います。

 

季節の変わり目に肌荒れが起こりやすいのは、
明らかに湿度などの変化に伴うもので、そこに肌環境がついて行ってない。

 

しっかり保湿しているつもりでも、暖かくなってきたから保湿もおろそかになってませんか?
夏に入るときもかなりお肌は乾燥状態になるのです。

 

毎日のスキンケアで変わりなく保湿をしっかり行ってください。
乾燥肌が自分が思った以上に進行しているようなら、
ビタミンC誘導体が配合してある化粧水とセラミドを使って保湿をしてください。

 

ここをしっかりできることで、今後のお肌も変わってきます。

 

では、肌荒れを防止する前にもう肌荒れしてしまった!という場合は?
どう対処するのでしょうか?
体験談と皮膚科の先生のお話から総合して情報を提供したいと思います。

 

 

肌荒れの対処法

 

肌荒れした時の対処法はとても簡単です。
無理にスキンケアしないでいいのですが、保湿だけはしっかりしてください。

 

お肌がカサカサになって、化粧水などが肌にしみる場合は、
濃厚なクリームのみのスキンケアを約1週間位継続してみて!

 

そうすると、徐々に肌荒れが改善してきてかゆみは3日くらいでなくなって、
お肌のカサカサも長くて10日くらいで収まってきます。

 

肌荒れしたら何もしない!なんてことを繰り返していると、
お肌が余計に荒れてしまって、なかなか治らない状態になってしまうので、
保湿は、こっくりとした濃厚なナイトクリームでのスキンケアを心がけてください。

 

カサカサがなくなったら、
「化粧水⇒乳液or美容液⇒ナイトクリーム」の通常スキンケアに!

 

ここで注意なのですが、洗顔はしっかりしてください。
化粧をしているなら、ダブル洗顔で汚れはしっかりとること!
濃密泡で優しく優しく洗顔をしてください。