30代からの肌荒れは厄介!

30代からの肌荒れは厄介!

オラクル化粧品,毛穴の開き

 

30代から以前と肌質が変わったように感じる人も多いとか。

 

若い頃には味わわなかったカサつき、かゆみ、くすみ、乾燥・・・
今までと同じスキンケア方法では不十分なのかもしれません。

 

そう感じてしまうのも無理はない!
丁度、ターンオーバーが上手くできなくなる年齢ですからね。
そして治りも遅くなってしまう…年齢に勝てないのか?と悩む日々です。

 

いえいえ、原因さえ分かっていれば大丈夫。

 

確かに若い時のようなハリ、若々しさはないかもしれない。
でも透明感のある滑らかな肌をキープルすることはお手入れ次第でどうとでもなる。

 

あきらめたらそこで終わりですから。
では、肌荒れの原因から探ってみよう!

 

 

肌荒れはなぜ起こってしまうのか?

肌荒れの多くの原因は、”肌の水分量が極端に低くなっている”からなんです。
いわゆる乾燥した肌のままを放置することが肌荒れを引き起こす一番の原因と言っていいでしょう。

 

また荒れた肌からは、水分がどんどん蒸発していきます。
肌荒れしているから肌にしみるからと何もつけない、ケアしないでいると、
さらに肌荒れする一方なので、”保湿”はしっかりする必要があります。

 

 

荒れた肌にはクリームで保湿

オラクル化粧品,毛穴の開き

 

肌荒れが進行してしまって肌がカサカサでかゆみが生じた場合、
水っぽい化粧水でのスキンケアは控えて、油分の多いクリームで対処しましょう。

 

なぜ化粧水はつけてはいけないのか?というと、
肌荒れが起こった状態というのは、肌表面が傷ついているため水分が多いケア商品を使うとヒリヒリ傷む。
ケアしても逆効果になってしまうので、油分の多いクリーム系で保湿を行うことで徐々に肌荒れが改善してくる。

 

結論から言うと、
化粧水、乳液、クリームのどれかをつけるとしたら、
クリームだけまたは乳液だけをお肌につけて保湿をするということです。

 

クリームだけのスキンケアを続けていると、
約1週間くらいで肌が落ち着いてくるはずです。

 

そして肌の状態を確認しながら、美容液や化粧水などを少しずつ加えていくようにしましょう。

 

この方法で何度も肌荒れを改善させてきてますが、
もっとも効果的だったクリームが、オラクルのナイトクリーム(クリームルネッサンス)。

 

こっくりとした濃厚なクリームには何度となく肌荒れを改善して、
助けてくれるので、肌荒れ常習犯の方の必需品になると思います。

 

 

肌荒れを改善するには...

 

クリームなど油分の多いものを使う。

 

その後、肌の調子を確認しながら、乳液や化粧水をプラスしていく。

 

正常な肌に戻ったら、毎日のスキンケアで保湿をしっかり行っていく。

 

 

この3つの方法で、肌荒れの改善をして、
改善した後は、肌荒れを起こさない、
ターンオーバーも正常になるような肌環境を継続して作り上げてください。